組み合わせ

大手カジノのボラカイ島進出、政府が承認

現金化ボラカイ島カジノ – 29344

アジア / フィリピン SET お金、クレジットカード、TC、両替など。

フィリピン:PAGCORトップ カジノ6-7月の段階的再開に期待~3月15日より休業継続

そこで、フィリピンのカジノ市場の再開展望について説明。ポイントは、 「フィリピンのランドベース・カジノは、6~7月の再開に期待」 「再開は、徐々に、段階的なものとなる。再開当初には、%のワークフォース、ゲーミングデバイス活用にはならない」 「PAGCORは、これ以上の従業員解雇が発生しないことを望む」。 ゲーミング当局(Philippine Amusement and Gaming Corp, PAGCOR)は、政府方針に沿い、カジノを含むすべてのゲーミング事業(PAGCORの規制対象)の停止を発令。 ゲーミング事業者は、3月15日より休業中。 国際IR4施設とは、マニラ首都圏(Entertainment City, Newport City)の以下の施設群。年度には、ゲーミング市場全体(カジノ、電子ゲームなど含む)の約7割を占有。

フィリピン 市場動向

せっかくのビジネスクラスなのに機材が古くてロクな映画がなかった アナと雪の女王を見たかったなぁ 機内食をツマミにちんたら1時間半ぐらいかけて飲んでた するとまだ食べてるのに照明暗くしやがった 読書灯付けてメシ食うやついるかよ!? 特に遅れも無く到着し、荷物もすんなり出てきて 入国審査を抜け税関で何か質問されたが英語がまだ頭に入ってこない 「ん?」って顔してたら税関に「何も無い?」と日本語で言われた 笑 空港で2万円だけペソに換金する 成田より少しはレートが良かった まぁ多分カジノが一番レート良いだろうとは思うけど。 空港送迎 マニラベイエリア及びマカティ市内ホテル(ZONE1)と… USD 35。 とりあえず空港の外に出る ボラカイ島の空港は照明施設が無いので夜の便は無い そのためマニラで一泊して翌朝にボラカイ島に向かうのである ちょうど目の前にホテル行きのシャトルバス乗り場が道路を渡ったところに ホテルは空港の目の前にあるが徒歩では渡れないので車で行くしか無い 厳密には徒歩でも渡れるがものすごい遠回りになるらしい 今回のホテルはリゾートワールドマニラ(RWM)内のレミントンホテルだ シンガポールにもある複合型リゾートでカジノやショッピングモール等がある チェックインして早速カジノに挨拶に行く 意外に広くてテーブルも多くミニマムも安くて初心者には嬉しいだろう まずは久しぶりのBJをやってみることに ミニマムPのテーブルは人が鈴なりなのでPのテーブルにA子と座る A子は10分もすると予定の持ち金がほぼ底を付く絶不調 おいらは何もせずにフラットベットでどんどん増えていく絶好調 そのうちA子も乗り打ちしてきて負け分をほぼ取り返したみたいだ 好調の波が一旦途切れた0時頃、この日は引き上げて寝ることにした 明日の朝はボラカイ島に渡る飛行機が早いのだ。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。