知識

カジノ施設への入場回数制限及びマイナンバーカード等を使った本人確認 ~我が国のIRビジネス参入における法制度上の留意点(5)~

投資顔認証でカジノ入 – 42172

序文】自民党「カジノ収賄」の前後事情に見る「なんでこんな話に引っかかるのか」感 【1。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。 顔認証技術の開発を手掛ける米Blink Identity(ブリンク・アイデンティティー)は18年、コンサートプロモーター大手の米Live Nation(ライブ・ネーション、米チケット販売大手チケットマスターの親会社)や米ベンチャーキャピタル(VC)のテックスターズ・ベンチャーズなどから万ドルを調達した。ブリンクは顔認証を使い、チケットがなくても1秒未満でイベントの入場者を判別できるという。 Me」や、自撮り写真を分析して顔が似ている芸術作品を見つけるグーグルの「Art Selfie アートセルフィー 」といったアプリがソーシャルネットワーク上で広がっている。 スナップチャットは自分のアバター絵文字を作成できるアプリ「ビットモジ」も開発した。これはアップルが手掛ける、キャラクターが自分の顔の表情に合わせて動く「アニ文字」や、自分の個性や気分に合わせた「ミー文字」にヒントを得ている。ビットモジは今のところ顔認証を使っていないが、今後導入する可能性がある。iPhoneの顔認証システム「Face ID」のおかげで、利用者はiMessageで自分の顔の表情に合わせて動く3Dの絵文字やアニメを作成できるようになった。 天気 プレスリリース検索。 トップ 速報 アクセスランキング トピック一覧 人事 おくやみ プレスリリース ビジュアルデータ 写真 映像 社説 統計 話題のトピック 新型コロナ 米大統領選 就活 5G FT お金のトリセツ 経営者ブログ ヒットのクスリ モバイルの達人 今週の予定。

統合型リゾート(IR、Integrated Resort)

日本政府は、IR実施法案において、IR運営者に対して、カジノ施設への厳格なアクセス管理を求める見通し。アクセス管理システムは、今後、IR実施法、政省令ガイドラインなどで示される要件の具備を求められる。 政府「IR推進会議取りまとめ」において、示された具体案は、 ・入退場ゲートの設置と入場者の全数ID管理 ・IDでは、日本人・居住者はマイナンバーカード、外国人はパスポートを活用 ・日本人には、入場回数制限 ・政府は、複数のカジノ施設のデータを一元管理。 なお、海外では、シンガポールや欧州などで、日本政府が想定するゲートにおける全数ID管理が実施されている。 マカオや米国では、ゲートにおいて、警備員が目視で、未成年などの入場を防ぐ仕組みが多い。 海外IR事業者は、日本社会へのPRの一環として、セーフガード、とりわけ、依存症対策への取り組みをPRする傾向がある。 最近では、フランスのバリエール・グループが和歌山県のIRシンポジウムに登壇し、欧州における依存症対策への取り組みをPR。 また、中国の。 地域企業の役割は、「地域社会の信頼・合意形成力」「地域社会の調整」「地域に最適なコンセプトの決定」。 開発企業の役割は、「日本における不動産開発の経験ノウハウ」。 海外オペレーターの役割は、「海外におけるカジノIRの経験ノウハウ」。 日本企業、地域企業がIR経営主体の中核となる必然性 1-1)IRは大きな権益事業。政府は、少数限定のIRのみ許可する方向。IR経営主体は、一定の商圏を寡占し、大きな利益が確実視される。公共政策性に加え、国内への利益還流、産業育成の視点が重要 1-2)事実、日本と同様に、政府がIR施設を少数に制限するアジア・パシフィック主要国では、自国企業がほとんどのIRを開発運営する。都市国家であるシンガポールはほぼ唯一の例外 1-3)IRは、観光及び地域経済の振興を政策目的とする、街づくり事業である。街に精通した日本企業、地域企業が事業化をリードすべき 1-4)IR経営主体には、地域社会からの信頼が求められる。地域社会の信頼を積み上げてきた、日本企業、地域企業こそIR事業化をリードすべき 1-5)海外IR企業は、日本における事業経験、不動産開発経験、地域社会の信頼を持たない。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。