知識

日本が世界でNO.1「顔認証」の現在地とこれから

決済サービス顔認証でカジノ入 – 18913

新型コロナ支援【中部・近畿・中国 四国・九州】。

生体認証が活用されうるサービスとは?

新型コロナウイルスの感染拡大により、テレワークをはじめとするインターネットを介した働き方が急速に拡大。さらに、今春からは次世代通信システムである5Gもスタートします。ネットワーク技術の拡充に伴い、場所を問わない働き方・暮らし方が広がる一方で、セキュリティへの意識も高まりを見せています。その中でセキュリティを担保するソリューションのひとつとして「生体認証」に期待が寄せられています。 この記事では、生体認証の技術を活用した事業展開の具体例を、すでに実用化が始まっているものから、これからの実現が期待される少し先の未来まで含めてご紹介します。最新テクノロジーを活用した生体認証サービスにアンテナを広げ、新しい事業展開を検討してみませんか? テレワークを実現するためのネットワーク環境や、グループウェアをはじめとするITツール、これらを活用するためのスキル教育など、以前から市場では多くのソリューションが実用化されていましたが、 前もって情報収集し対応できていた企業と、先送りしていた企業とで、いざという時の対応に大きな差 が見られました。

生体認証が活用されうるサービスとは?

本稿に関して、より詳細な内容や関連資料等をご要望の場合は以下までお問い合わせください。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループでは、Deloitteのグローバルネットワークを活用し、海外事例等を踏まえたIRビジネスに関連する幅広い調査・分析を行っています。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループ info-irbg tohmatsu。 企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。 顔認証技術の開発を手掛ける米Blink Identity(ブリンク・アイデンティティー)は18年、コンサートプロモーター大手の米Live Nation(ライブ・ネーション、米チケット販売大手チケットマスターの親会社)や米ベンチャーキャピタル(VC)のテックスターズ・ベンチャーズなどから万ドルを調達した。ブリンクは顔認証を使い、チケットがなくても1秒未満でイベントの入場者を判別できるという。 Me」や、自撮り写真を分析して顔が似ている芸術作品を見つけるグーグルの「Art Selfie アートセルフィー 」といったアプリがソーシャルネットワーク上で広がっている。 官邸:第2回ギャンブル等依存症対策推進関係者会議 (平成31年3月6日)。 この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています 本稿に関して、より詳細な内容や関連資料等をご要望の場合は以下までお問い合わせください。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループでは、Deloitteのグローバルネットワークを活用し、海外事例等を踏まえたIRビジネスに関連する幅広い調査・分析を行っています。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループ info-irbg tohmatsu。 統合型リゾート(IR、Integrated Resort) 企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。 顔認証技術の開発を手掛ける米Blink Identity(ブリンク・アイデンティティー)は18年、コンサートプロモーター大手の米Live Nation(ライブ・ネーション、米チケット販売大手チケットマスターの親会社)や米ベンチャーキャピタル(VC)のテックスターズ・ベンチャーズなどから万ドルを調達した。ブリンクは顔認証を使い、チケットがなくても1秒未満でイベントの入場者を判別できるという。 Me」や、自撮り写真を分析して顔が似ている芸術作品を見つけるグーグルの「Art Selfie アートセルフィー 」といったアプリがソーシャルネットワーク上で広がっている。 政府:厚生労働省・部局長会議 依存症対策~31年度対策予算は拡大 都道府県に強弱 IR2 - Yahoo。 Watch movie we took there。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。