知識

ゲーミング(カジノ)における会計論点

ゲーム種選定ドイツカジノ – 27111

日本版IRの投資規模は約50億ドルが予想され、日本はマカオに次ぐ世界第2位のゲーミング市場規模になると言われています。 日本のゲーミング(カジノ)における会計基準の早期整備が必要となります。

「スイス」の検索結果

スイスでは 、年新たにカジノ法制度を創設する際に、賭博依存症対応施策を法律の枠組みの中で(「連邦賭博及び賭博施設法」及び関連「施行令」)明確に位置づけるという先進国としては極めて斬新な手法を採用した国である。 賭博依存症に対する様々な施策をスイスではSocial Concept 社会的配慮事項 と定義し、その実践を施行者の義務とする法律上の構図となる。賭博行為を広範囲に認めることに対する国民の懸念を払拭することが、制度制定の当初からの政策的意図になったため、単純に財源の手当てをして、既存のステークホルダーの善意や任意に委ねるという考え方を取らず、明確に一定の行動を自らの責任で担うことをカジノの施行者としての法律上の義務としたことになる。よって、施行者の総粗収益から強制的に一定の賦課金を徴収し、 これを依存症患者対策に配分するという他国に見られる手法はスイスでは採用されていない 。これは依存症問題に対する対応施策の実践が当初から施行者にとり費用化されることを前提としていることになる。 依存症対応策の計画と実践を、制度上施行者固有の義務とする考えは、その他の国ではあまり採用されていない。事業者側に義務とされることに対する強い反発があると共に、営利事業としての企業行動と社会的危害防止策のバランスを取ることが、難しくなるというのがその理由である。但し、 スイスにおける実践は 、やり方次第では、これも効果的な一つの手法たりうることを示唆している。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。