知識

【完全解説】世界一わかりやすいブラックジャックのルールと遊び方

ギャンブルブラックジャックの遊び方 – 4954

トップページ TOP。

関連記事(一部広告)

ブラックジャック(BJ)とは、 プレイヤー(自分)とディーラー(親)1対1の勝負で 、 手持ち2枚からスタートし、合計数字が21に近い方が勝ちとなる 、カードゲームです。 ブラックジャックと、3枚以上で21を作った場合では、 ブラックジャックが優先勝ち になります。さらに、 ブラックジャック同士の場合は引き分けでは無く、ディーラーの勝ち 。 しかも、 ディーラーには「16以下の場合、絶対に3枚目を引かなければならない」というルールがある 為、バースト(21を越えたら負け)の確率が高くなり、勝つ確率が高い事も、愛される理由の1つ。 このような 確率を分析したのが、基本戦略であり、勝ち方・攻略法である 、 ベーシックストラテジー になります。 完全日本語対応、サポートも日本語で迅速に対応 してくれ、英語アレルギーでも安心(笑)。 シンガポール マカオ 香港 韓国 台湾 フィリピン ベトナム マレーシア カンボジア ラオス ミャンマー タイ 東南アジア インド ネパール スリランカ カザフスタン オーストラリア ニュージーランド ニューカレドニア バヌアツ オセアニア グアム サイパン。

ブラックジャックのルール

そしてその勝負は、個々のプレーヤー(自分を含めた他の一般の客)とディーラー(カジノ側のスタッフでトランプを配る人)との 1対1 の対戦形式で勝敗が決められる。つまりプレーヤー同士(客同士)は互いにまったく関係ない。 超初心者読者のために、もっと具体的にわかりやすく説明するならば、Aさん、Bさん、Cさんが着席しているブラックジャックテーブルにおいて、あなたも参加して合計4人でプレーすることとなった場合(ディーラーも含めると5人)、対戦は、Aさんとディーラー、Bさんとディーラー、Cさんとディーラー、そしてあなたとディーラーがそれぞれの手で勝負することになり、参加者同士は対戦相手ではないので、互いの手はまったく関係ない。  とにかくわかりやすい単純なゲームなので、まずは恐れずに参加してみるとよいだろう。以下は参加の手順だ。 この 「賭け金を決める」 という動作は、自分の目の前のテーブル上の指定された位置(多くの場合、丸や四角、もしくはそのカジノのロゴなどが描かれている場所)に賭け金を置くという行為で、それがゲームへの参加の意思表示となる。

ブラックジャックの基本情報

この合計値が「 21 」に近い方が勝つわけですが、プレイヤーは合計が21以下であればプレイヤーの裁量で何度でもカードをひくことができます。そのかわり、「21」を越えてしまうとバーストとなり、その時点でプレイヤーの負けが確定し賭け金は没収されます。 数の数え方は、「2」~「10」までは、その数字をそのまま数えます。絵札(Kキング・Qクィーン・Jジャック)はそのままの数字ではなく「10」として計算します。 また、Aエースは「1」としても「11」としてもプレイヤーの都合のいい数として計算することができます。Aエースを「11」として計算する時の手をソフトハンドといいます。 プレイヤーとディーラーの数を比較し、21に近い方が勝ちです。同じ「21」でもA(エース)と「10」または絵札の場合は「 ブラックジャック 」となり最も強い手になります。 同じ数だと引き分けです。ディーラーが「21」を超えてバーストすると、プレイヤーはどんな数であろうが勝ちになります。ただし、先にプレイヤーがバーストしていた場合は、その時点で負けが確定していますので、例えディーラーがバーストしても引き分けにはなりません。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。