知識

クルーズ船のカジノが初心者におすすめの理由:ランク別に人気のクルーズも紹介!

で勝客船上でカジノ – 60858

タクシーはサンズを横目に港に向かった。やがて前方に巨大な船が見えてきた。 クルーズ客船「オベーション・オブ・ザ・シーズ」だ。 巨体に視界が遮られる。港が日陰になるほどの姿はまさに海に浮かぶ町のよう。

クルーズ カジノ 勝ち 方

ゲストを楽しませ、とびっきりの時間を演出 カジノに遊びに来るゲスト(プレーヤー)は実に様々。あまりゲームを知らない人やゲームを楽しみたい人、勝負にこだわる人など、いろいろなプレーヤーが来場します。これらの人々のレベルに合わせて「楽しい時間を演出」して、気持ちよくカジノを楽しんでいただける配慮をするのもディーラーの仕事。 ウィットに富んだ会話、スムーズなゲーム進行、そして飲み物の注文にも気を配りながら、ゲームのスリルも楽しんでいただく。すべてディーラーのウデ次第です。「今日は楽しかった、また明日来ますね」とゲストに言われた時が、ディーラーとしての最高の喜びです。 洗練されたおもてなしを提供し、カジノの中心的な役割を果たす究極のサービス業、それがカジノディーラーです。 G O TO TOP。 カジノは今やアジアでのトレンド産業。日本でも開業準備着々と 現在世界一のカジノ売上を誇るマカオでは、約40ヵ所のカジノが開設されており、3万人のディーラーがいます。市場開放前と比較すると失業率は4%台から1%台へと大幅に改善し、カジノは地元の雇用促進に大きく貢献しています。シンガポールでは年に2ヵ所のIR カジノを含む統合型リゾート が開業し、大きな雇用と経済効果を生んでいます。そのシンガポールを抜く勢いにあるのがフィリピンで、現在首都のマニラ湾岸地区と空港隣接地区にカジノを併設した大規模リゾートが4ヵ所開業、5ヵ所目の開業の準備が進んでいます。お隣の韓国でも、仁川空港近隣に3ヵ所の大型カジノリゾートが計画中で、日本企業と韓国企業の合弁ですでに1ヵ所が開業しています。南のサイパンでも本島初のカジノが年より本格稼働し始めています。今やアジアにおいてカジノは国際的な観光拠点として都市のトレンド産業となっています。 政府は年11月にIR誘致申請期間を年1月4日から7月30日までとすることを発表しました。国内3ヵ所のIR認定区域は、年夏以降には決定する見込みで、各自治体、事業者の活動が熱をおびてくるでしょう。

クルーズ船内のカジノの特徴

エンターテインメント・遊ぶ カジノ。 への旅行も 航空券とホテルをセットで お安く予約! 札幌 - つけ麺。 池袋・巣鴨・新大久保 - ランチ。 横浜 - バイキング・食べ放題・ビュッフェ,中華・中華料理。 京都市 - 寺院・教会,旧市街・古い町並み。

クルーズ カジノ 勝ち 方

最低限の準備は、どのゲームをするか決められる程度のゲームの知識でしょう。 カジノには、スロットマシンのようなゲーム機相手のものと、ディーラー相手のブラックジャックやバカラ、お客同士が対戦するテキサスホールデム(ポーカーの一種)等、様々なタイプのゲームがあります。主要なゲームについて多少でも知っておくと、船上で迷って貴重な時間を無駄にすることを避けられます。 バカラ、ブラックジャック、ルーレットは、どのカジノにもあるポピュラーなテーブルゲームです。最低限、このいずれかのルールをネット等で下調べしておくことをオススメします。 ちなみに、初心者の方は、敷居の低さでスロットマシンを選んでしまう人が多い気がします。ディーラー相手は気が引けるという人が多いでしょう。しかし、カジノの醍醐味は、ディーラーとのやり取りだと思います。個人的には、ブラックジャックやルーレットをオススメします。逆に、お客同士の心理戦でルールが複雑なテキサスホールデムは、初心者は避けた方が良いでしょう。 船によっては、カジノで初心者向けの無料レッスンが開かれることがあるので、乗船したら船内新聞をチェックすることもお忘れなく。他のお客がプレイしていると、なかなかゲームを止めて質問するのは難しいかもしれませんが、ディーラーは初心者に親切ですから、質問すれば色々と教えてくれます。不安ならスマホ等の無料ゲームアプリで遊んでおくと、基本的なルールは理解できるでしょう。 クルーズ船によって、香港ドルやUSドル、ユーロ等船内通貨が異なりますが、どこで円から両替すべきかは、様々です。カジノ内のキャッシャーで外貨の両替が出来る場合と、レセプションでのみ両替できる場合、どちらでも両替できるがカジノのキャッシャーの方が両替レートが良い場合等があります。 欧米のクルーズ会社の場合、レセプションだろうとカジノのキャッシャーであろうと両替レートは同じで、しかもかなり悪い場合が多いので、乗船前に両替しておくと良いです。 それに対し、アジアのスタークルーズやドリームクルーズは、カジノの運営が独立しており、カジノ内のキャッシャーの両替レートが船のレセプションと異なったりします。しかも、カジノは両替レートがとても良いです。乗船前に外貨を準備するより、カジノのキャッシャーで両替した方がお得な場合が多いです。 カジノには、ATMがあることが珍しくありません。海外ATMで出金できるクレジットカードやキャッシュカードがあれば、船内通貨で出金可能です。欧米のクルーズ船のように現金の両替レートが悪い船では、ATMで手数料を払ってでも出金した方がお得ということは多々あります。 なお、船内通貨の紙幣は、ディーラーがテーブルでゲームチップに交換してくれるので、必ずしもキャッシャーでゲームチップにしておく必要はありません。ただしディーラーは、プレイヤーから直接手渡しで現金やゲームチップを受け取ることを、(不正が生じやすいので)厳格に禁じられています。初心者の方は、手渡ししようとしてしまいますが、断られますので、必ずテーブル上に置くようにして下さい。紙幣等をテーブル上のディーラーの手の届く範囲に置いて着席すれば、それをゲームチップに交換する意図だと分かりますので、何も言わなくともディーラーは対応してくれます。 船内の通常の支払いと同様、ルームキーカードで船内会計に加算される形で、カジノのゲームテーブルやキャッシャー等でゲームチップを購入できます。(スロットマシン等であれば、専用の差し込み口にルームキーカードを挿入することで、画面上から希望金額をマシンにチャージし遊べることもありますが、初回はパスコードの設定が必要だったりします。) これは、ゲームチップを「買う」扱いなので、船内会計の清算にクレジットカードを登録している場合、キャッシングではなく、ショッピング枠で請求されます。また、カジノのキャッシャーでは、直接クレジットカードからもチップを購入できますが、これもショッピング枠で請求されるので、ATMでのキャッシングのように利息や手数料を請求されることは無いですし、キャッシング枠が無いようなショッピング専用のクレジットカードでも構いません。 ただしルームキーカードでは、1日あたりや1航海あたりの上限金額があるので、大きく遊びたい方はご注意を。船内での支払いが一定額を超えると、クルーズの途中でもカード会社に請求されたりするので、下船後の日付でカード会社に請求が上がる前提でクレジットカードの支払日を計算していると、思っていたのより前の月に支払日がやってくることもあるでしょう。高額な支払いが累積すると、クルーズ途中でレセプションから呼び出され、その時点までの合計額をカード会社へ請求することに同意するサインを求められたりします。 多くのクルーズ船では、ゲームをする際にルームキーカードをテーブルでディーラーに渡します。スロットマシン等であれば、マシンにカード差し込み口があったりします。 これによりカジノは、どのお客がどれ位遊んだか把握し、それに応じて特典を付与したりします。 対してゲンティン系列のスタークルーズやドリームクルーズは、Resorts World at Seaというカジノが系列の船会社をまたいで運営されており、カジノ専用の会員証を作って遊ぶことになります。ルームキーカードをディーラーに見せても、Resorts World at Seaの会員証を作るよう言われますので、カジノのメンバーズデスクへ最初に行きましょう。ここで作った会員証は、スタークルーズとドリームクルーズのカジノで共通して使用でき、以降の乗船時も持参することになります。 特典内容は様々ですが、ポイントが貯まって船内の買い物に使えたり、無料クルーズに招待されたりすることもあります。 なお、ルームキーカードでもカジノの会員証でもどちらでもポイントが加算されるクルーズ船もあります。船会社によってカードの扱いは様々ですが、いずれにしても遊ぶ前にカードを提示すること無しに、カジノの特典を得ることは出来ません。スロットマシン等は自分がカード挿入を忘れることがあるでしょうし、稀にディーラーも忘れていて、カードの提示無しにテーブルゲームを開始出来てしまうことがありますが、特典を得る機会を失うのはプレイヤーです。 プレイしたいゲームが決まっていても、カジノには同じゲームのテーブルが複数あったりするので迷います。特に、同じゲームなのに、満席のテーブルとお客がいないテーブルがある場合、そこには理由があるのでご注意を。 テーブルゲームは全て、ミニマムベット(最低掛金)とマキシマムベット(最高掛金)が定められており、これはテーブル上に置かれているプレート等で明示されているので、ゲーム前に確認が必須です。お客が少ないテーブルは、最低掛金が高額な場合が多いです。 少額で遊ぶつもりで座って、ゲームチップを受け取った後、ゲームを開始する段になって、自分の掛け金が足りないとディーラーに指摘されると、初心者の方は慌てるかもしれません。そこで辞められれば良いですが、恥ずかしくてズルズルと高額でプレイしてしまい瞬時にゲーム終了というのは、避けたい事態です。テーブルを決める際に、最低掛金が自分の許容範囲か確認することをお忘れなく。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。