知識

カジノ施設への入場回数制限及びマイナンバーカード等を使った本人確認 ~我が国のIRビジネス参入における法制度上の留意点(5)~

人気が最カジノ入場制限 – 31114

本稿に関して、より詳細な内容や関連資料等をご要望の場合は以下までお問い合わせください。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループでは、Deloitteのグローバルネットワークを活用し、海外事例等を踏まえたIRビジネスに関連する幅広い調査・分析を行っています。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループ info-irbg tohmatsu。 IR(Integrated Resort:統合型リゾート)実施法の審議開始から免許交付までの間に、IRビジネスグループでは参入を目指す日本企業に対し、さまざまなアドバイザリーサービスを提供します。 オペレーショナルリスク・プラクティスの日本責任者、IR(統合型リゾート)ビジネス・プラクティスの責任者を務める。 公認会計士、公認内部監査人、公認不正検査士。 年公認会計士登録。 【オペレーショナルリスク・プラクティス】 15年以上にわたり、リスクアドバイザリー業務に従事し、オペレーショナル・リスク領域のプロジェクト責任者を多数務める。 専門分野は、コーポレートガバナンス、内部統制、内部監。 目次 カジノ施設への入場回数制限及びマイナンバーカード等を使った本人確認措置が講じられる IRビジネス参入においては、入場規制等を考慮した上での事業計画の検討が必要となる ギャンブル依存症(賭博依存症)関連記事 連載「我が国のIRビジネス参入における法制度上の留意点」のアーカイブ IRビジネスグループとは IRビジネスグループのアドバイザリーサービス IRビジネスグループの最新活動 プロフェッショナル 関連トピック。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

キーワード: 検索。 IDでもっと便利に 新規取得。 現在 JavaScriptが無効 になっています。Yahoo! ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更する方法は こちら 。 たとえば、シンガポールのチャンギ国際空港には、CIP(Commercial Important People:商業的重要人物)向けの専用ターミナルがあり、富裕層ならここにビジネスジェットのファーストかプライベートジェットで到着し、その後、カジノお迎えのリムジンに乗ってカジノに出向く。 カジノからVIPと認定されるには、プレー額の初回入会金が最低2万シンガポールドルは必要(ワールドリゾート・セントーサの場合)である。CIP 利用となると、最低10万シンガポールドルが必要だ。これで、宿泊から食事・送迎はすべて無料になるし、カジノから直接招待状が届く。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。 天気 プレスリリース検索。 トップ 速報 アクセスランキング トピック一覧 人事 おくやみ プレスリリース ビジュアルデータ 写真 映像 社説 統計 話題のトピック 新型コロナ 米大統領選 就活 5G FT お金のトリセツ 経営者ブログ ヒットのクスリ モバイルの達人 今週の予定。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。