知識

ブラックジャックのプレイ方法は?ライブカジノでの立ち回りと流れを解説!

ゲームの流れライブブラックジャック – 38037

ライブカジノのブラックジャックでは 、ビデオゲームと違って他の人がどんなアクションを行っているのか見ることができます。初心者の内は、他のプレイヤーの動きを見ながらプレイ方法を参考にするのも一つの手です。上手い人を見つけて、どういった手を取るのが正解なのか少しずつ覚えて行きましょう!

使用する代表的な道具

こんにちは!Casimo編集長の笠原豪です。 今回は ヨーロッパでも人気の高いブラックジャックのルール や 勝率%上げるベーシックストラテジー について紹介していきます。 ブラックジャックは「 21 」という数字が印象的で、「 21にするためのゲーム 」と思われがちですが、それは少し間違いです。もしブラックジャックで勝ちたかったら「 21に近づけ自分がバーストしない 」ことを優先する必要があります。 また、ブラックジャックには 勝率を上げるためのベーシックストラテジーと呼ばれる戦略 があり、ブラックジャックが強い人はこの戦略を頭の中に叩き込んでいる人が多いです。

この冬は燃える!500回フリースピンキャンペーン実施中

こんにちは、ラスベガスでカジノディーラーをしている片桐ロッキー寛士です。もしラスベガスに来ることがあれば、まず試してもらいたいテーブルゲームがブラックジャックです。カードを引くか引かないか、 ディーラーや他のプレイヤーとのやり取りもドキドキしてとても楽しいゲームなのです。今回は、いざブラックジャックテーブルに行ってもどうしていいのか分からなくならないように、ゲームの流れをステップごとに、その度に気をつけたいことやマナーを合わせて紹介します。 まずはブラックジャックのテーブルを見つけましょう。見つけたらまず確認したいのがそのテーブルの ミニマムベット (最低賭金)と マキシマムベット (最高賭金)です。各テーブルにこのようなサインがあり、最低賭金(MIN)と最高賭金(MAX)の表示がされています。このテーブルの場合はMINが$15、MAXが$2000となっていますが、賭金の設定はテーブルによりけりです。カジノ資金と相談してから座るテーブルを決めましょう。 席についたら遊ぶ分の現金をカジノチップに交換します。この際、ディーラーはプレイヤーから手渡しでモノを受け取ることができないので「 チェンジ プリーズ 」と言って現金をレイアウト上に置いてあげてください。 カジノチップを手にしたらベットしてみましょう。この時、必ずテーブルで定められたミニマムベット以上の金額を賭けてください。基本プレイヤー1人1ハンドですが、1人で2ハンド賭けることもできます。(カジノによっては3ハンドまで)しかし、2ハンド賭ける場合は各ハンドをミニマムベットの 2倍 賭ける必要があります。 カードは シュー と呼ばれる箱から1枚ずつ出てきます。プレイヤーのカードは必ずテーブルの右側(プレイヤー目線で)から、まず1枚ずつ開いた状態で配られ、その後、ディーラーには伏せられたままのカードが1枚配られます。 プレイヤーにもディーラーにもカードが2枚ずつ配られたら、1番右のプレイヤーからカードを追加するか(ヒット)、追加しないか(ステイ)、その他のオプションの選択が求められます。この時の意思表示は全てハンドシグナルで行います。(賭け方やハンドシグナルについては「 ブラックジャック基本ルール 」「 ブラックジャックの賭け方とオプション 」をご覧ください)。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。