知識

マカオで絶対泊まりたいホテル12選!5つ星ホテルやカジノホテルもご紹介!

トップグランドハイアットマカオカジノ – 30776

そのため、日本人観光客からも人気が高く、フロントにも日本語が分かるスタッフがいることが多いので、初めてのマカオ旅行にこのホテルを選ぶ日本人観光客も多いようです。 同時に英語が堪能なスタッフも多くいます。

【マカオ】変貌したカジノシティにびっくり!グランドハイアットのマカオ名物「エッグタルト」

何故カジノと言えばマカオなのか?その歴史は香港・マカオがそれぞれ植民地だった時代にまで遡ります。当時イギリスの植民地であった 香港では賭博が禁止 されていましたが、お隣マカオはポルトガルの植民地であったため、賭博が許可されていました。 コタイエリアはマカオの2つの離島・タイパ島とコロアネ島の間に出来た埋め立て地。以前はマカオ内の人口密度の高さを解消するために埋め立てられた住宅地でしたが、多くのカジノやリゾートホテルが建設された影響で、 現在は人気の観光地 になりました。

シティオブドリームスカジノ&VIP: グランドハイアットマカオ

また、リゾート内のショッピングセンター「ブルーバード」には様々なや高級ブランドショップが入っており、レストラン、スパやフィットネスセンター、ウォーターショー・バーチャル水族館、劇場など、若い人から家族連れまで利用できる施設が充実しています。 グランドハイアットカジノは初めての方でも安心して利用できる施設になっています。 TOP バカラ 大小(タイサイ) ファンタン ブラックジャック スロット。

トップグランドハイアットマカオカジノ – 21927

カジノもショーもスイーツも充実の5つ星ホテル

マカオのカジノ王に君臨するスタンレー・ホー氏の息子ローレンス・ホーがCEOを務めるメルコリゾーツ&エンターテインメント メルコ は年に創立、2年後の年12月には米国ナスダックに上場し2万人以上の社員を掲げる大企業に成長させた後、年6月、マカオの巨大カジノリゾートが集積するコタイ地区に最大級の統合型リゾート施設「シティ・オブ・ドリームズ・マカオ」を開業しました。 マカオに6つしかないカジノ経営権のうち1つを所有する子会社「メルコ・クラウン・リミテッド」は、同リゾートの他にもスタジオ・シティ、アルティラ・マカオ、モカ・クラブマニラ、シティ・オブ・ドリームス・マニラ などの施設運営を行っており、運営する4つ星と5つ星クラスのホテルの総客室数は4,部屋以上、ミシュラン星付レストラン5店運営とマカオで最多となっており、 経営するカジノのゲームテーブルは台以上、スロットマシン台以上所有と巨大なカジノ経営をリードしています。 元々MICE・IR型リゾートに力を注ぐメルコグループは全世界で総従業員数約人を投入し、直近10年間で、フォーブス5つ星、ミシュランアワード、ベストカジノ/IRデザイン、コーポレート・ガバナンスやCSRなどの分野において、国際的な賞を個以上獲得しています。 同グループは国際的な視野から環境対策にも力を入れており、同グループが運営する「シティ・オブ・ドリームズ・マカオ」が受賞した賞は環境関連も含め以下の通りです。 ・~年:アジアエクセレンスアワードのベスト環境責任アワード受賞 ・SGS香港の室内環境品質認証を取得 ・年:マカオ省エネルギーコンテストのホテルグループCカテゴリーで「省エネコンセプト賞」および「優秀賞」受賞 ・年:マカオ国際環境協力フォーラム&エキジビション(MIECF)のグリーンブース賞で、特別エキジビションブース2位を受賞 ・SGS香港のISO温暖化ガス(GHG)排出量の算定および検証を取得 ・年:マカオビジネスアワードの環境パフォーマンスカテゴリーにて優秀賞受賞。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。