片腕の山賊

国際観光産業振興議員連盟

ドルスピンでカジノ議連 – 56634

役員には、会長に長島昭久・衆議院議員(「次の内閣」ネクスト外務大臣、民進党東京都連幹事長)、幹事長には松野頼久・衆議院議員、事務局長は鈴木克昌・衆議院議員が就任。 発足時の会員は40名ほど。

政府・各党の取組:IR議連総会 推進自治体「地方創生、5ヵ所設置、早期の区域認定を!」

各党の取り組み ・自民党  党内プロジェクトチームが、この一年間、IR制度、ギャンブル依存症対策を議論  2月15日より、党内議論を開始。重要論点を数回に分けて議論し、法案の方向性をまとめる  そのうえで、公明党と協議へ ・公明党  IR実施法案について、年夏から8回の党内議論。論点を俯瞰する議論を完了  今週から、政府が閣法として提出する法案全体の条文イメージを把握し、そのうえで、政治判断が求められる部分の議論を進める ・日本維新の党  IR実施法案については、与党のマインドで協力、意見を述べる ・希望の党  現在は、IR実施法案に関する党のスタンスは未定  今後、事実に基いた検証をベースに、議論を進める。 政府の取り組み ・政府は、今国会にIR実施法案を提出予定 ・年3月にIR推進本部が設置された。その後、7月末に「IR推進会議取りまとめ」を提示し、8月にパブコメ。全国公聴会を実施 ・その後、IR実施法案の法制作業を進めてきた ・今後、政治判断が求められる重要事項について、与党の議論をお願いし、政府として調整する ・同時に、ギャンブル依存症対策については、関係閣僚会議を設置して推進中。 推進自治体等の意見表明 <登壇者> ・北海道・高橋はるみ知事、苫小牧市・岩倉博文市長、大阪府・松井一郎知事、関西経済連合会・松本正義会長、和歌山県・仁坂吉伸知事、長崎県・中村法道知事、佐世保市・朝長則男市長、全国IR誘致団体協議会・中西昭憲会長 <共通意見-IR実施法案、政府に対する要望> ・地方創生の視点を重視する制度設計を! ・地方ならではのIR実現を可能とする制度設計を! ・全国で少なくとも4-5ヵ所の区域認定を! ・IR実施法案成立後、速やかな区域認定を!

法相や国家公安委員長まで

CRF2 CR in VIVA. ver CR.

政府、各党:IR実施法案、ギャンブル等依存症対策整備に向けた取り組み

Wild"The Golden City" "Wilderland" "OCEAN'S TREASURE" "Golden Fish Tank". "Ukiyo-e" Gamatron "Wild Sumo" Gamatron 20 17. GoldenDream "ExtraChilli".

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。