ランダム性

ソフィテルマカオアットポンテ16カジノの特徴や勝ち方・必勝法を徹底解説

ベット戦略ソフィテルマカオカジノ – 60276

マカオの歴史ある街並みの中でも、ひときわ目を引く南欧風のカジノホテル「ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16」。 優雅な時間が流れるプールや全室スイート使用のレジデンスルームなどフランスの優雅さと中国の煌びやかさが融合したカジノホテルの人気の秘密を紹介します。

バナー・オンラインカジノを楽しむならHappyStar

日本からも気軽にカジノ旅ができる国として人気の 「マカオ」 マカオといえば、豪華絢爛で煌びやかな印象が強いですが、その中で、歴史アある伝統的な美しい町並みの中に作られたカジノホテル 「ソフィテル マカオ アット ポンテ」 はご存知でしょうか?このホテルのカジノゲームやアメニティには、なんと日本の企業がサービス提供しており、日本と繋がりがあるホテルなんです。 現金キャッシュバックにはスロットだけじゃなく、生中継で美女ディーラーと勝負する、ライブディーラーも含まれている 為、バカラ、ブラックジャック、ルーレット等のディーラーと勝負するゲームをプレイしたい方やVIPにも人気急上昇中! 生中継で美女ディーラーと勝負する、ライブ中継に最も力を入れている 為、バカラ、ブラックジャック、ルーレット等の、ディーラーと勝負するゲームが好きな方にオススメ。 4段階のVIPプログラムが公開 されていて、 ランクが上がれば毎週もらえるリベートボーナス(賭け金の数%)が、どんどん上がっていく のでVIPに特に人気です。 負けてもその場で現金キャッシュバックがもらえる 、出金制限があるボーナスではなく、現金だからそのまま出金も可能。バカラ、ブラックジャック、ルーレット等の、 ディーラーと勝負するゲームも現金キャッシュバック対象 で、VIPにも人気急上昇中! さらに 初回入金時のみ、負けても半分(MAX$70)現金キャッシュバックを受けられる から、初心者にもオススメ。 ライブディラーも充実し、さらにスロットでのジャックポット(大当たり)が有名。年1月19日には 日本人が日本円にして約2億1400万 を超える、超メガジャックポットも出ています。 ビットコインやイーサリアム等の暗号資産(仮想通貨)専用で、換金せずに入出金可能 。 生年月日とメールアドレスのみで登録可能、本人確認不要ですくプレイ出来る 。VIPプレイヤーがこぞってプレイする為、VIPに最もオススメ! などなど、マカオカジノについて隅々までピックアップしましたので、 年、マカオでカジノデビューしたい! と考えている方は、ぜひご参考に。 また、マカオのカジノが有名になった理由としては、香港で賭博が禁止されたことが挙げられますが、それによりマカオのギャンブルが発展することになり、現在のマカオカジノは「 東洋のラスベガス 」ともいわれるほど世界的に有名なギャンブル街へと成長しました。 マカオ最大のエンターテイメントと言えば・・・やっぱりカジノですよね! 日本にもIR 統合型リゾート施設 が出来るとはいえ、まだまだ「ギャンブル」に抵抗を感じる方も多いはず。 また、「そもそもどのゲームをやればいいのか分からない」「ルールを知らないから選択肢がない」という方もいますよね。 今回は、そんな初心者の方の不安や疑問点を1つ1つ解消していきます! 世界中から来る裕福な観光客を目当てに悪事を働く中国人が多く、カジノに慣れていない日本人も狙われやすいんです。 貴重品が入ったバッグ、財布などを椅子の横に置いたり後ろに置く事はとても危険なため、必ず自分の前に置くか、荷物は預ける事を習慣づける必要があります。 土日は来場者が多く稼ぎ時ということで、最低掛け金が上がる傾向にあります。 例えば、ルーレットが平日はドルスタートなのが、土日はドルスタートになるなどです。 「損をしたくない!」と考える方は旅行日程をずらすなど、考慮が必要です。

独占経営打開のため、外資カジノ企業を含めた3社に経営権を発給

マカオのカジノ経営権は 「SJM」 マカオ系 :「MGM」 ラスベガス系 「ギャラクシー」 香港系 :「ヴェネチアン」「サンズ」 ラスベガス系 「ウィン」 ラスベガス系 :「メルコクラウン」 オーストラリア系 の6社が持っています。 なぜ6社か、これにはワケがあります。 カジノ王「スタンレー・ホー」の独占状態だったカジノ経営権が2001年末で満期になるのを境に、2002年はじめ、入札によって外資系の企業にも経営権を発給することになりました。 入札の結果、経営権の発給を受けたのはマカオ資本の「SJM」、香港資本の「ギャラクシー」、ラスベガス資本の「ウィン・リゾート・マカオ」です。「SJM」はスタンレー・ホーの企業です。 経営権が3社と言うのは、1986年に可決された法律にもとづいています。 左がグランド・リスボア、右がリスボア。マカオの象徴的な建物です。 グランド・リスボアはマカオのシンボルである蓮の花をイメージしたものですが、実は建築許可が下りていないまま完成してしまったという話もあります。 出典: 【サンズ・マカオ(金沙娯楽場)】マカオのカジノ ランドカジノ&オンラインカジノ。 ワールドカジノナビ カジノ豆知識 どのカジノが同じグループ?マカオのカジノ経営権について知りたい!

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。