ランダム性

オンライン本人確認「EKYC」と金融機関認証APIで実現する顧客拡大

最新ニュ本人確認方法は – 9832

金融庁がフィンテックを活用したイノベーションを推進させる目的で年9月に設置した「FinTech実証実験ハブ」は、フィンテック企業や金融機関の懸念課題に対し、省庁が実証実験を支援するスキームだ。 その支援案件の1つとして、金融機関等が共同で顧客の本人確認手続きを行う仕組みが検討された。実証実験の概要は、いずれかの機関で本人確認済の顧客は、再度の本人確認が不要となるというものだ。 その中でクローズアップされているのが、「eKYC」だ。eKYCとは「electronic Know Your Customer」の略で、オンラインで完結する本人確認方法のことを言う。本稿では、そのeKYCについて紹介する。

画像送信によるeKYC

各種お手続きの際、契約者ご本人さま(法人は代表者・担当者)のご来店が困難な場合、お手続きには委任状が必要です。 代理人のご本人様確認書類(個人名義回線の場合は家族確認書類含む)も併せてご提出をお願い致します。 家族確認書類とは、ご契約者様とのご関係を証明する書類です。 同姓または同住所であることを確認できるもの 、または 1枚でご契約者さまとのご関係を証明できるもの が該当します。 知りたいサービスを選んでください スマートフォン 携帯電話 インターネット 固定電話 でんき ロボット 法人のお客さま 企業・IR SoftBank 5G。 ホーム 店舗を探す ご来店の前に 本人確認書類。 本人確認書類一覧 ご来店者別 必要な書類。 顔写真、現住所が記載で各公安委員会発行で有効期限内のもの。(国際免許証不可) 確認書類の現住所と異なる場合は住民票やご本人さま宛の現住所記載の公共料金領収書などが必要となります。(発行日から3ヵ月以内のもの)。

ご来店者別 必要な書類

ここ数年、スマートフォン普及の影響もあり、「eKYC」という言葉を聞く機会も増えたのではないでしょうか?特に決済回りや金融機関ですでに利用されている方もいらっしゃると思います。 ただ、まだまだ一般的な用語ではないため、今回は「eKYC」という言葉について導入のメリットも含め解説いたします。 eKYCとは「イー・ケー・ワイ・シー」と読み、『electronic Know Your Customer』の略です。直訳すると『電子的に顧客を知る』という意味になります。 もともと「KYC」という言葉自体は銀行口座開設などで必要になる本人確認手続きの総称として使われておりました。その言葉に「electronic」が付くことによって、「電子(オンライン)での本人確認」という意味になります。 どのような時に利用されるのかというと、前の部分でも触れた銀行口座の開設やクレジットカードを発行する時に使われます。 通常のKYC(本人確認)ですと、銀行口座の開設やクレジットカードを発行する際、割と手間と時間がかかります。 申請自体はオンライン上でできたとしても、結局本人確認のため、身分証明書(マイナンバー、免許書、パスポート)の写しが必要になります。 さらに、郵送で写しを送るだけでなく申込者宛に送られてくる書類を受け取ることで本人確認が完了する手順になります。 要するに今まではオンライン上のみで本人確認することができなかったということです。 もっと言うと、本人確認で郵送などが間に入ることによって、実際にサービスを受けられるのは数日後になってしまします。サービスを提供する側にとってもデメリットであり、タイムロスすることで本人確認が進まず実質的なユーザー獲得になりづらいケースもあります。 こういったオンラインのみで完結することで、手間や時間を軽減ことが『eKYC』の大きなメリットです。 eKYCには大きく分けて「ブラウザ型」と「アプリ型」があります。 「ブラウザ型」は自社のホームページなどからアクセスしてもらい、ブラウザ上で本人確認を進めてもらいます。この場合、自社サイトとeKYCのシステムを連携する必要があります。 「アプリ型」は本人確認するのにアプリをダウンロードしてもらい、アプリ側で本人確認を行うものになります。この場合、自社サイトにはアプリをダウンロードできるリンクを張っておく必要があるだけで、連携なども必要なくアプリ側だけで処理できるので楽です。 ただ、本人確認する側はアプリをダウンロードしなくてはいけないという手間が発生しますので注意が必要です。 eKYCの導入が進んだ経緯として便利さを求めてというだけではなく、テロ資金対策や振り込め詐欺の対策として、本人確認を厳重にしていくという流れがあります。 『KYC』及び『eKYC』の根拠となる法律は、年に施行された「犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯罪収益移転防止法)」です。 この法律では、詐欺集団・暴力団関係・テロ組織などのマネーロンダリング(麻薬取引、脱税、粉飾決算などの犯罪によって得られた資金の出所をわからなくするため、架空または他人名義の金融機関口座などを利用して、転々と送金を繰り返したりすること。)を行い資金獲得する可能性のある企業・業種を規制対象としています。 犯罪収益移転防止法に従い、規制対象となる企業・業者が、どのようにして本人確認を行うのか具体的に明示しているのは、法律ではなく金融庁が定めている「法律施行規則」になります。 『eKYC』は、年11月に金融庁より法律施行規則の一部改正命令で公開されました。「オンラインで完結する自然人の本人特定事項の確認方法の追加」として、以下に4つが記載されています。 1。 銀行等への照会 4。

オンライン本人確認「eKYC」とは何か?

78. 23. ARTAT A-Type… 67.

ソフトバンクショップでのお手続き

Casitabi 2 6 81010 9TOP10. BEST10 RNG Fantasma Super Sumo Gambola 3050 Habanero Jump.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。