ランダム性

海外格安航空券 ラスベガス 成田/羽田 ハワイアン航空

世界一成田カジノ – 30218

現在 JavaScriptが無効 になっています。Yahoo!

香港で禁止になったおかげで、マカオのギャンブルが栄える

成田空港周辺にカジノを中心とした複合的な施設を建設する構想について、 千葉県から調査を委託された三菱総研が 5年間で1兆円の経済効果が見込まれるとの中間報告をまとめた。 成田市内で18日に開かれたカジノ構想に関するシンポジウムで公表した。 カジノと会議場や展示会場、ホテルが一体となった複合施設(IR)を 導入する可能性について、県が委託した調査の中間報告であるが、 県は三月末に報告書の提出を受け、四月以降は有識者の会議で誘致の検討を進める。 空港を生かした経済活性化を目指す県が1500万円をかけて調査を委託。 報告では、20ヘクタールの敷地に中低層の施設をつくり、 カジノに歌舞伎や温泉の施設を併設するA案と、 50ヘクタールに高層の大規模な施設をつくり、 遊戯施設やショッピングモールを併設するB案が示された。 A案では年間173万人、B案では同243万人が訪れるとした。 シンポジウムには百十一人が参加。パネリストは 「IRは国際空港に近いことが必要で、成田はチャンスに恵まれている」 「全国で誘致の動きがあり、地域間競争になる。地元で徹底的に話し合い、 早急に手を挙げるべきだ」などと訴えた。 また、 千葉日報ウェブ)掲載によると、インターネットによる日本人1500人(うち年収1千万円以上が千人)へのアンケートで、カジノを含む総合娯楽 IRが成田空港周辺に出来た場合、訪問意欲を示したのは5割程度。 アジアの旅行会社15社への意識調査では、訪問先を日本に変えるカジノVIP客の割合を「1~2割」と見込む回答が多かった。 さて、今日のシンポジウムでは、具体的にA案とB案二つの案が示されていました。 A案は、日本の文化伝統をコンセプトに入れた成田空港近接タイプ。 B案は、シンガポールのコンセプトと同じような大規模MICE施設やエンターテイメント施設との併設タイプ。ただし、空港周辺の場合には航空法の規制によって高さ制限があるため、高層化には限界があるとの問題点も指摘されていました。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。